見上げた空が嘲笑う

好きな事を好きなだけ。映画やドラマや本のこと。

22年目の告白ー私が殺人犯ですー

練られた脚本、的確な配役、間違い無しの映画。

f:id:bokueri:20170618154925j:plain

行き当たりばったりに映画館に到着。そして、時間の合う映画って事で観ることになったこの作品。見事当たりでした。

もう少し到着が遅かったら「昼顔」になってました。ラブストーリー系はコメディしかみないのに不倫なんて敷居高いんやけど…と、ちょっと焦りましたよ。良かったです間に合って。

 

で、この作品韓国映画「殺人の告白」のリメイク作品です。ほぼ筋書は同じらしく、日本版はもっと犯人側を掘り下げた感じにアレンジされてるらしい。

にしても、藤原竜也がクズ役やってるってのが最大の宣伝文句になってるのですが、すんばらしいねこの宣伝文句。

この作品を面白くするのに一役買ってると思う。見事だよ。

 

その宣伝を裏切らぬ配役が素晴らしい。まぁ、ちょっと配役で内容が少し読めちゃう部分もあるにはあるんですが、それぞれ演技の上手い方ばかりで凄い安心感。

また脚本が良いんです。更に映像も過去の部分は、ブラウン管テレビの画面の様に左右が狭くなってたり工夫されてて、骨太刑事物の様でいて違うんですよね。

テンポも良くて、あっという間にエンディング。面白かった、お勧めです。

是非事前情報は例の宣伝文句だけでどうぞ。

韓国版も、その内観たいな。